6月 スジグロシロチョウ(筋黒白蝶) シロチョウ科

 今年の5月30日、スジグロシロチョウが観察園に飛来した。なんと10数年ぶりの再会!!!である。観察園のある吉祥寺北町界隈において、20年前はスジグロシロチョウとモンシロチョウは、ほぼ同じ割合で見ることが出来た。しかし、ここ10数年の間、なぜかスジグロシロチョウが全く見られなくなっていたので、至極感激した。

 モンシロは陽が良く当たるオープンスペースを好み、畑で栽培されるキャベツ、ダイコン、ブロッコリーなどの十字花植物を食草として繁殖している。一方、スジグロは、開けた明るい場所を好まず、生垣や庭木、建物などによってできる半日陰を好み、そうした場所でも旺盛に繁殖するイヌガラシ、タネツケバナなど雑草の十字花植物を食草として繁殖してきた。

 吉祥寺北町は、農地も残り、広い庭をもった戸建て住宅も多く、庭木や垣根の根元などで雑草として生えているイヌガラシも多かったので、モンシロもスジグロも多く生息していたのだ。だが、20年ほど前から、①通勤に便利、②買い物に便利、③住環境が良いという評価基準により、「住みたいまち」として関西の芦屋と全国1、2位を争うほど評判が高まり、土地が高騰した。多額の相続税支払いの問題から、広い庭つきの戸建て住宅は売却され、その敷地には低層アパートが建設された。あるいは敷地が細分割され、庭のない小さな戸建て住宅が複数軒新築されるようになった。そのためスジグロの好む半日陰や、イヌガラシが繁茂できる土壌が失われ、スジグロは市内から姿を消した。

 しかし近年、再びスジグロが増えだしたとの観測情報も出てきた。なぜだろう。推測するに、1つは畑での農作物の栽培法の変化であろう。都市部での生活に順応して、近年数を増してきたムクドリからの食害を防ぐため、防鳥ネットやビニールシートで作物を覆う栽培が一般化してきたため、モンシロは産卵植物を失い数が減少した。これにより、これまでスジグロの生活分野まで進出していたモンシロが減少し、スジグロの生きる場所が出てきたことが理由の1つではないか。そしてもう1つは、土地の高騰により、農業を続けるのをやめて、畑地を住宅地として販売する農家も出てきて農地が減少したことだ。これによりモンシロは減少し、雑草を餌としているスジグロが復活したのではないか。市街地の生きものは、人間の行動変化に伴い、栄枯盛衰を繰り返していることを身近に感じる。

5月 アオスジアゲハ(青条揚羽) アゲハチョウ科

 岩手県・秋田県以南の本州~南西諸島に生息、北海道には分布しない南方系のチョウである。翅(はね)は黒色だが、前翅(前ばね)から後翅(後ばね)にかけての翅の中心部に、縦に太い青緑色の帯が走っている。この帯には鱗粉(りんぷん)がなく、透明で、太陽光が明るく透けて見える。黒い闇の中に信号機の青色光が縦に並んでいるようで魔力とか神秘的な雰囲気を漂わせ、南国的で洒落た美しいチョウである。

 筆者が中学生でチョウの採集をしていた65年前は、神社など限られた場所に行かなければみられないチョウで、かつ、素早く飛び回るので採集が困難なチョウであった。戦後の復興により街路樹が植えられるようになり、市街地の大気汚染、道路からの照り返しによる夏の暑さ、病害虫に抵抗力がある樹木として、広島の原爆でも生き残ったイチョウやクスノキが街路樹や公園樹として、多く植えられるようになった。クスノキはアオスジアゲハの幼虫の食樹(エサ)となるので、東京の市街地でも見られるようになったチョウなのだ。

 筆者が社会人となり、デパートで、黒色に近い濃紺の地にアオスジアゲハの青緑色の紋が入ったネクタイを見つけた。無性に入手したくなったが、当時の給料の中からでは買えない大変高価なものであった。後日、売れ残っていたので夏のボーナスで思い切って購入し、毎日のように着用した。そのネクタイを見た社内のある女性が、素敵なネクタイねと褒めてくれたが、それが縁で妻となった。

 結婚後、妻は毎日同じネクタイはオカシイ、何回も着用すると汚れる、貴方には似合わないと・・・と段々批判の言葉が強くなった。かまわず毎日のように着用していたため、擦り切れてきたので破棄した。あのネクタイが現在でも売っていたら購入したい気持ちはあるが、退職した老後の生活では、背広にネクタイの装いをする場もない。アオスジアゲハは筆者の青春の想い出をのせて、今日も街中を羽ばたいている。

12月 アカエグリバ(赤抉り翅)ヤガ科

 虫によって齧り取られた(えぐられた)葉の、紅葉が終わり赤褐色の枯葉状態になった切片に擬態しているガ(蛾)である。葉脈に見える筋もあり、普通の人は3㎝ほどの大きさの本種が目の前にいても全く気が付かない。見事な擬態である。

 幼虫が食べる植物(食草)はアオツヅラフジとなっているが、アケビも食べるとの情報もある。成虫の出現時期は3月~11月とされているが、1月、2月にも見られた記録もある。成虫越冬するのだろうか。成虫は熟したカキやミカンなどの果汁を吸いに夜間飛来するようだ。

 食草のアオツヅラフジはツヅラフジ科のつる性木本で、低山の林縁などに生え、晩秋に小さな球状の果実がブドウのように房状に結実し碧く熟して目立つようになる。観察園には生えておらず、筆者は武蔵野市では見ていない。なぜ、観察園でアカエグリバが見られたのかが気になる。観察園のミカンはヒヨドリなどに嘴でつつかれ、中味がむき出しになっているので、成虫は果汁を吸うことができる。だが、幼虫の食草のアオツヅラフジは生えていない。かわりに同じ属のツヅラフジ(オオツヅラフジ)が生えている。これも食草としているのか、あるいはアケビがあるので、これが食草なのか、不明である。

 日本では、愛好者の多いチョウは,迷蝶、偶産種、外国の移入種を含めて329種知られているが、ガは6,000種以上生息し、生態が不明なものが多く、新種が発見される可能性も極めて高い。そのためか、大学の農学部ではガの研究をする女子学生が増えていると聞く。観察園でムシを怖がる男児の来園がしばしばあるが、「ムシ愛ずる小姫君(女児)」が増えているのも確かであり、これも女性の社会進出の兆しのように見えて頼もしく思える。穿ちすぎかなぁ。

ヒメジャノメ(姫蛇目) タテハチョウ科

木漏れ日が射しこむような薄暗い疎林の草むらなどでよく見られるチョウで、幼虫はススキ、アズマネザサ、チヂミザサ、カサスゲ、エノコログサ(ネコジャラシ)などイネ科・カヤツリグサ科の植物を食べて育つ。日本では北海道渡島半島から九州屋久島などで見られる普通種である。翅の色は地味な淡褐色で、裏面にはやや黄色みをおびた白い縦帯模様と目玉模様(蛇目模様)がある。成虫は花には殆ど飛来せず、樹液や腐った果実、犬などの獣糞にあつまる。曇天の日を除くと、昼間はあまり活動せず薄暗い所で休んでいて、夕方になって薄暗くなると飛び回る。いわば日陰者の生活である。この仲間は翅の裏面にヘビの目に似た目玉模様があるのが特徴で、野鳥などの敵を驚かせ相手が一瞬ひんだ隙に飛び去る作戦であろう。ジャノメチョウの仲間は日本に24種も生息しており、いずれも〇〇ジャノメ、△△ヒカゲ、コノマ(木の間)の名がつけられている。目立つチョウではないが、筆者はこの仲間との出会いを鮮明に覚えている。北アルプス白馬岳山頂の山小屋付近でウルップソウの葉陰から飛び出したタカネヒカゲ、海道網走湖畔のトドマツ林の草むらから飛び出たオオヒカゲ、山梨県清里高原のカラコギカエデの樹液から湧き出たウラジャノメなど、当方が彼女らの存在に気づかず近づいての、突然の驚きのためだ。ヒメジャノメは、人々は気づいていないかもしれないが、市街地の公園、あるいは住宅地でも繁殖している「普通種」で、多数生息している。蛇目模様はヘビがいない市街地での、野鳥対策にはならないはずだが、トカゲ、カエル、カマキリに対して、蛇の目模様は、効果的なのだろうか。

9月 キタキチョウ(北黄蝶) シロチョウ科

キタキチョウは、以前は単にキチョウ(Eurema hecabe)と呼んでいた、モンシロチョウよりも少し小さい黄色いチョウであり、本州~南西諸島(種子島・屋久島~波照間、与那国島など)の草原で普通に見られるチョウである。しかし、DNA 分析により、南西諸島にだけ棲息するキチョウのグループは、本土に棲息するグループと別種であることが分かり、2005年以降、2種に分けられた。そして本土に棲息するキチョウだけに、キタキチョウ(Eurema mandariana)と新名が付けられ、南西諸島にだけ生息するグループはキチョウ(Eurema hecabe)の名前のままとした。南西諸島では両種が混生している。それは良いとして、本土~南西諸島まで普遍的に生息するキチョウのグループをキタキチョウとし、南西諸島固有種に従来の名前を付けたのか、まったくもって納得できない。せめて、ミナミキチョウと名付けるべきでなかったか。

9月 ツクツクボウシ(つくつく法師) セミ科

主に夏の終わりの残暑が残る頃に、夏が終わるぞ、終わってしまうぞとけたたましく「警告」を発するように鳴く。名前のとおりツクツクボ=シと鳴いているが、うるさいのを我慢して警告を注意深く聴くと、結構音楽的に多彩なリズムとメロディーであることに気がつく。まず、鳴き始めは、低く控えめにジージージー、ジュクジュクジュクジュクジュクと始まり、突然、ジュクジュクボーシと「ボーシ」の声高の部分が付け加えられるようになり、このジュクジュクボーシがしばらく長く続き、徐々にリズムが早くなる。すると、「ホーシ」の部分が声高で、ジュクジュクが低音なので、鳴き声はオーシンツクツク、オーシンツクツクと聞こえるようになる。徐々にテンポを早め、やがて大声でのオシオース、オシオース、オシオースと最後の叫びが続き、最終的にジイ―と低く長く鳴いて一楽章が終わる。イントロ、メロディ、エンディングの三部作で、なんとまぁ複雑な鳴き方をするのだろう、何のためなのか、感心してしまう。しかし、複数匹が競い合うように、ひっきりなしにツクツクボウシを叫びだすと、もういい、と言いたくなる。そんな気持ちを、俳人は「よし分かった 君はつくつく 法師である 池田澄子」と詠んだ。筆者は、「わかったヨ、テメェの名前は ツクツクボウシ!」と怒鳴りたい気分だ。

8月の生きもの ヒメアカタテハ(姫赤立羽)

関東では夏から秋にかけて見かけることが多くなる種で、ツマグロヒョウモンの雌によく似ている。日当たりの良い草原や田畑の周辺などでよく見られる。食草はハハコグサ、ヨモギなどのキク科、カラムシ(イラクサ科)、ゼニアオイ(アオイ科)、ダイズ(マメ科)など、チョウとしては珍しい雑食性(寡食性)がある。本種は日本全国、北海道~沖縄まで分布しているだけでなく、北極圏からアフリカ、オーストラリアまで、南極大陸を除くすべての大陸に分布する、広域分布種、汎存種、現代風に言えばコスモポリタンである。
西欧では西アフリカを春に飛び立った本種は、世代交代しながら約15,000キロ北方のアイスランドまで分布を広げ、夏の終わりに、何百万匹という群をなして高度500mの上空を平均時速45キロで、南を目指して帰ることが最近判明した。この「渡り」をするチョウとしては、メキシコ~カナダ4,800キロを往復するオオカバマダラ、長野県~台湾2,500キロを往復するアサギマダラが知られているが、日本では本種の「渡り」については認識不足であった。だが、去年(2019)8月5日、午前1時~3時ごろ、新潟県粟島の北17キロの海上で集魚灯をつけた釣り船に、1万匹ほどのヒメアカタテハが集まった。北上する「渡り」の途中であったと考えられるが、夜間に大群で渡りが行われるという新しい発見に、昆虫学者達は衝撃を受けている。

8月の生きもの ニイニイゼミ

6月の終わりから7月の始め頃に現れる。動物の鳴き声を人間の言葉で言い表すのは困難だが、「チーーー」とも「ジージージー・・・・」とも聞こえ、少し離れて聞くと「ニーニーニー・・・・」と、細く高周波の金属音に聞こえる。小生の場合は、長年悩んでいる静かな耳鳴りの音と酷似している。
松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と俳句に読んだセミについて、歌人の斎藤茂吉はアブラゼミであると主張したことがあり、大論争が巻き起こった。芭蕉が山形市宝珠山立石寺を元禄2(1689)年5月27日(今の暦では7月13日頃にあたる)に訪れて俳句に読んだ史実を基に現地調査を行なった結果、7月13日ごろではニイニイゼミは鳴くが、アブラゼミはまだ鳴かないことが判明し、茂吉も非を認め論争は治まった。
他のセミと異なり、本種の抜け殻は泥だらけなことから、地面に湿気を好むセミと見られていた。1964年の東京オリンピックの頃から、東京の市街地では本種の数は極めて減少しつつあり、都市化による土地の乾燥によるものと推測されていた。ところが近年は、またニイニイゼミが増加してきているようで、その理由が分かっていない。まさか、先のオリンピックは見逃したから今度こそという訳でもあるまいし、自然のことは分かっていないことが多い。

7月の生きもの スズバチ(鈴蜂)スズメバチ科

 元来は東南アジアのハチで、1990年代に小笠原諸島で発見されたのが最初。現在では日本全土で見られる。枝には球形(鈴形)の、壁などにはお猪口をひっくり返したような形の巣を粘土で作り、その中に幼虫を産み、麻酔で眠らせたイモムシを餌として一緒に閉じ込める。いくつかそのような個室ができると、その全体を覆うように泥の覆いを作ってかぶせる(写真参照)。

 スズバチの幼虫はそのイモムシを食べて成長する。スズメバチ科に属するが、単独性の種で、人間に襲いかかる攻撃性は少なく、刺されても毒性は弱い。玄関の軒先やベランダの屋根などに、粘土製の巣をつくり、建物を汚すので、取り除くことをも考える。

 だが、この巣はこのままにしておきたい。というのは、オオセイボウ(大青蜂)という、青から緑色に美しく光る蜂が、このスズバチの幼虫に寄生して繁殖するからである。このオオセイボウの姿を見たいので、スズバチにしばらく軒を貸してやろうとの魂胆である。人間て・・・勝手だねぇ。因みに英名はJewel wasps といい、宝石蜂(腰の細くくびれた蜂)という。