8月の生きもの ニイニイゼミ

6月の終わりから7月の始め頃に現れる。動物の鳴き声を人間の言葉で言い表すのは困難だが、「チーーー」とも「ジージージー・・・・」とも聞こえ、少し離れて聞くと「ニーニーニー・・・・」と、細く高周波の金属音に聞こえる。小生の場合は、長年悩んでいる静かな耳鳴りの音と酷似している。
松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と俳句に読んだセミについて、歌人の斎藤茂吉はアブラゼミであると主張したことがあり、大論争が巻き起こった。芭蕉が山形市宝珠山立石寺を元禄2(1689)年5月27日(今の暦では7月13日頃にあたる)に訪れて俳句に読んだ史実を基に現地調査を行なった結果、7月13日ごろではニイニイゼミは鳴くが、アブラゼミはまだ鳴かないことが判明し、茂吉も非を認め論争は治まった。
他のセミと異なり、本種の抜け殻は泥だらけなことから、地面に湿気を好むセミと見られていた。1964年の東京オリンピックの頃から、東京の市街地では本種の数は極めて減少しつつあり、都市化による土地の乾燥によるものと推測されていた。ところが近年は、またニイニイゼミが増加してきているようで、その理由が分かっていない。まさか、先のオリンピックは見逃したから今度こそという訳でもあるまいし、自然のことは分かっていないことが多い。

7月の生きもの スズバチ

元来は東南アジアのハチで、1990年代に小笠原諸島で発見されたのが最初。現在では日本全土で見られる。枝には球形(鈴形の)、壁などにはお猪口をひっくり返したような形の巣を粘土で作り、その中に幼虫を産み、麻酔で眠らせたイモムシを餌として一緒に閉じ込める。いくつかそのような個室ができると、その全体を覆うように泥の覆いを作ってかぶせる(写真参照)。スズバチの幼虫はそのイモムシを食べて成長する。スズメバチ科に属するが、単独性の種で、人間に襲いかかる攻撃性は少なく、刺されても毒性は弱い。玄関の軒先やベランダの屋根などに、粘土製の巣をつくり、建物を汚すので、取り除くことをも考える。だが、この巣はこのままにしておきたい。というのは、オオセイボウ(大青蜂)という、青から緑色に美しく光る蜂が、このスズバチの幼虫に寄生して繁殖するからである。このオオセイボウの姿を見たいので、スズバチにしばらく軒を貸してやろうとの魂胆である。人間て・・・勝手だねぇ。因みに英名はJewel wasps といい、宝石蜂(腰の細くくびれた蜂)という。

7月の生きもの ツマグロヒョウモンのメス

オレンジ色の地に黒い斑点が並んだ豹柄模様の翅をもつ、いわゆるヒョウモンチョウの仲間は、日本では14種が見られ、主として日当たりの良い森林の周辺、草原、湿原、岩場などに棲息。スミレ類、ワレモコウ類などを食草として生活し、寒冷地を好む種類が多い。しかし、ツマグロヒョウモンは、他のヒョウモンチョウとは対照的に、インドシナ半島、オーストラリア、日本までの熱帯~温帯域に広く分布している。雄の翅の表側は一般的なヒョウモンチョウ類に典型的な豹柄だが、雌は前翅の先端部表面が黒紫色の地に白い帯が横断する模様となっている。全体に鮮やかで目立つ色合いで、これは有毒のチョウのカバマダラに擬態して身を守っていると考えられ、ひらひらと舞う飛び方も同種に似る。日本では、1980年代までは近畿地方以西に分布が限られていたが、徐々に生息域が北上し、2006年には関東地方北部でも定着するようになった。武蔵野市では春~秋にかけて、普通に見られるチョウになってきた。ナガサキアゲハと同様に、温暖化の指標生物になっている。一方、擬態する相手の毒蝶のカバマダラは、以前は南西諸島以南の分布であったが、近年は鹿児島県南部でも定着している。しかし、関東地方のツマグロヒョウモンは、守り神ナシで分布を広げていることになる。

7月の生きもの ナガサキアゲハ

江戸時代の1823年に来日したシーボルトが、長崎で発見して広く世に知られるようになったことからの名前。江戸時代では九州以南に限られていた分布域は、拡大しつつあり、1940年代では山口県南部や高知県南部でも見られるようになり、1960年代には淡路島、2000年初頭には福井県や神奈川県西部の太平洋側で越冬が確認され、2007年には茨城県南西部、2009年には栃木県南部で多数見られた。この年には宮城県名取市でも見られている。こうした分布の変遷から、本種は地球温暖化の指標種として注目されている。筆者がチョウの採集をしていた中学時代の1950年代は、ナガサキアゲハは南方の憧れの別格のチョウであったが、今では武蔵野市で普通にみられるチョウになり下がってしまった。そんなことに大きな失意を感じる小生の気持ちを理解してくれる人は・・・・いない。

7月の生きもの ヤマトシジミ

北海道では見られないが、東京近辺ではモンシロチョウよりも、ずっと多く目にするチョウである。食草のカタバミが生えている所であれば、コンクリートの舗装道路の割れ目のカタバミでも産卵・繁殖する。カタバミには尿路結石などの原因となるシュウ酸を多く含んでおり、鳥獣による食害を防ぐ効果があるが、ヤマトシジミはそれを知っていてカタバミを食草としているのだろうか?酸っぱいだけで美味しくはないだろうに、粗食に耐え地味に生きていて繁殖に成功しているチョウである。

6月の生きもの モノサシトンボのメス

平地から丘陵地にかけて分布し、樹林に囲まれた池、沼、湿地でよく見られ、岸辺が暗い環境を好む。学校ビオトープでもよく見られる。腹部には輪になった環形紋が等間隔にあり、目盛りのように見えることがモノサシトンボの名前の由来。オスはこの環形紋が水色だが、メスは黄褐色や淡緑色になるものがおり、それだけでなく、オスのような水色の色彩になるものもいるので、チラッと見ただけでは雌雄の判断が難しい。

6月の生きもの オオシオカラトンボのオス

開けた明るい水面を好むシオカラトンボに比べて、オオシオカラトンボは樹林の縁に囲まれた池沼・湿地など、木陰となり少し薄くらい環境を好んで生活する。シオカラトンボは、腰から下が急に細くなっているが、本種は尾の先までほぼ同じ太さ。オスは全体的に青みがかっており、腹の先と目は黒い。シオカラの方が腹の先の黒い部分が多い。オオシオカラトンボの翅の付け根は暗褐色だが、シオカラトンボは透明である。メスは腹が黄色でオスに比べて全体的に黒っぽい。黒い翅脈の走る透明な翅に黒い縁紋を持ち、先端は暗褐色になる。学校ビオトープなどで見られるのは、シオカラトンボよりもオオシオカラトンボの方が多い。

6月の生きもの ジャコウアゲハの幼虫

ジャコウアゲハの成虫は黒いアゲハチョウで、オスの下腹部はジャコウの香りがすることが名前の由来。幼虫は、食草のウマノスズクサを食べて、アリストロキア酸(アルカロイド)という有毒成分を貯めこむ。これにより、幼虫、成虫とも小鳥などから身を守っている。クロアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、などのアゲハチョウなどの黒いアゲハチョウやアゲハモドキなどの蛾は、ジャコウアゲハに擬態していると考えられている。蛹は美しく目立つ黄色で、番町皿屋敷のお菊の亡霊の姿に似ていると見て、お菊虫の別名がある。

6月の生きもの コミスジの幼虫と成虫

翅の模様と飛び方が特徴的なチョウである。パタパタと2~3回羽ばたいた後は、翅を広げて滑空するコミスジは、前翅に1本、後翅に2本の合計3本の白い横帯模様がある。クズ、フジ、ハギ類、ノササゲなどを食草とするので、郊外に出ればよくみられるチョウで、市街地でもフジやハギが植栽されているところでは見ることができる。観察園では、幼虫はフジの葉の主脈を残し他の葉脈を切断して枯葉を巻いた構造物をつくり、それに似た色と形の幼虫の体を目立たないようにしている。枯葉と見分けるのが難しい。