12月 マンリョウ(万両) サクラソウ科

 インド~東アジアの温暖な地域に広く分布し、日本では関東地方以西~沖縄に自生し、庭園木の根際などによく植えられている。野鳥により種子散布されるほか、こぼれ種子でもよく繁殖する。観察園のマンリョウも植えたものではなく、園内のあちこちに実生が見られる。その繁殖力のためか、米国フロリダ州では外来有害植物とされ、駆除の対象となっており、豪州でも熱帯雨林の環境を破壊する環境植物とされている。

 一方、日本では、葉の緑は永遠の命、赤い実は幸せを表象し、そして「難」を「転」ずるので、ナンテン(南天→難転)が鎌倉時代あたりから、縁起のよい低木として庭に植えられるようになった。その流れで、江戸時代後期には冬でも葉が緑で赤い実をつけるセンリョウ(仙蓼)が、正月飾りに使われるようになり、「仙蓼」は「千両」と呼ばれるようになった。そして、センリョウよりも多く実が成る通称ヤマタチバナ(山橘)は「万両」と名付けられ、実がより少ないカラタチバナ(唐橘、サクラソウ科)は「百両」、順にヤブコウジは「十両」、アカモノ(ツツジ科)は「一両」、実が多いミヤマシキミ(深山樒、ミカン科)は「億両」と、言葉遊びのように名付けられた。のちにアカモノ(ツツジ科)に代わりアリドオシ(蟻通し、アカネ科)が一両と呼ばれるようになったが、これはセンリョウ、マンリョウ、アリドオシを一緒に植えることにより、千両、万両、有り通しに通じるとしての験担ぎのためである。

 徳川家康、秀忠、家光と三代続いて植物好きであった影響で、徳川時代は武士から平民まで、園芸熱が盛んになった。アサガオ、ナデシコ、キク、ツバキなど、多くの品種がうみだされた。1860~1861年に来日した植物学者でありプラントハンターのロバート・フォーチュンは、「日本人の国民性の著しい特色は、庶民でも生来の花好きであることだ。花を愛する国民性が、人間の文化的レベルの高さを証明する物であるとすれば、日本の庶民は我が国の庶民と比べると、ずっと勝っているとみえる」という言葉を著書『幕末日本探訪記―江戸と北京―』に残している。

 家康公はオモトが大好きで、日光東照宮にはオモトの木彫が31もある。その影響か、武士たちはオモト、カラタチバナ、マツバラン、セッコク、ミヤマウズラ、ツワブキなどの斑入り、矮小、異形葉など、突然変異により生じた異品を熱心に栽培し、高額で取引することがなされた。カラタチバナやマンリョウなどの異品は明治以降の戦争で絶えてしまったが、オモト、セッコクなどは古典植物として今でもその多くが残っている。

 こうした突然変異によって出現した「異品」の栽培は、徳川時代の次男坊・三男坊など家督を継げない下級武士にとっては慰めや小遣い稼ぎになっていたろう。拙宅でも狭くて日陰勝ちの庭には、ツワブキ、ヤブラン、ムサシアブミなどの、葉が真っ白な異品が植わっている。これらは、薄給サラリーマンで定年退職した筆者が手にするささやかな贅沢品であり、女房に内緒で福沢諭吉の紙幣と交換して手にしたもので、日々幼子をいたわるように愛培している。

12月 アシズリノジギク(足摺野路菊)キク科

 ノジギクの亜種で、高知県の足摺岬から愛媛県の佐田岬(さだみさき)に分布するとされている。しかし、豊後水道を挟んだ大分県のホームページでは、大分県の国東海岸、姫島、豊後水道域、宮崎に分布するとあり、豊後水道域の海岸沿いの路傍や崖に生育し、個体数も多いが、道路工事、埋立工事などの影響で生育地の減少が懸念されると書いてある。

 母種のノジギクは、兵庫県以西の本州・四国・九州の瀬戸内海および太平洋沿岸近くの山野に自生。同じような地域に分布している。アシズリノジギクは、野路というよりも、海岸近くの環境に適応した種であると考えられる。アシズリノジギクの特徴として、葉はノジギクより小型で3中裂し、葉裏や葉柄に潮風対策として、白い毛が密生し、葉表からみて白毛が葉縁を白く縁取っているように見えるとされている。ノジギクは葉がより大きく、3中裂から5中裂し、葉縁の白い縁取りは目立たないことが違いだ。しかし、アシズリノジギクの白い縁取りは、イソギクほど明確ではなく(イソギクの項を参照)、5中裂に近い3中裂の葉もあるので、種の同定は難しい。

 似たものに、セトノジギク(瀬戸内海沿岸に分布し、ノジギクよりも葉が薄い)があり、その他シマカンギク(近畿地方以西の本州・四国・九州の海岸近くに分布、花は黄色のほか白もある)など、同じキク属だけで15種あり、ノコンギクなどのシオン属、オオユウガギクなどのヨメナ属、ヤマジノギクなどのハマベノギク属、ハマギク属、ミヤマヨメナ属、キオン属など、全部で95種類もあるようだ。

 年老いた頭では、これら同定する際の特徴を覚えられない。間違った名前で呼びかけても、プイっと横向くこともなく、変わらず笑顔で咲いている。伊藤佐千夫の『野菊の墓』で出てくる民代が愛した野菊は、なんという名前なのだろうか?それだけは覚えたい。

12月 ツワブキ(石蕗、艶蕗)キク科

 海岸近くの岩場などに自生し、10~12月の初冬から冬にかけて黄色い花を咲かせる。日本風庭園の石組の下や樹木の根元など、日陰がちの場所によく植えられ、葉柄は食用としても知られている。

 フキノトウで知られる身近なフキ(蕗)は、秋に葉が枯れる夏緑性であり、ツワブキは冬でも葉が枯れずに、何年も生き残れる常緑多年草で、フキとは別属の植物。潮風から身を守るため、葉は厚肉で艶があり、葉裏には毛が多く生えている。葉の間から花茎をのばし、キクに似た頭状花を咲かせる。

 ツワブキの和名の由来は、葉に艶があるので艶葉蕗(ツヤハブキ)や、葉が厚いのでの厚葉蕗(アツハフキ)等から転じたとの説がある。茎を食用とされてきたことからか各地に地方名が多く、イシブキ、オカバス、ツワほか、沖縄方言ではチィパッパなど多数ある。島根県の津和野の地名は、ツワ(ツワブキ)が多く生えている所からの名前と言われている。

 沖縄ではチィパッパの名前が好まれているようで、タクシー会社、茶屋、バー、デイサービス、マリンピアの名前などに使われている。そしてチィパッパの語源については、小さな黄色い花がパッと咲いている様子を擬音化したものと言われている・・・・が、筆者は納得できない。モノの名前は、言われた第三者が「あのモノのことだな」と想像しやすい言葉であるはずだ。小さな花がパッと咲いていると言っても、そんな花は多数あり、ツワブキを想像するのは困難だ。故に、謎のままである。またまた、筆者の追尋する思考癖のビョーキが出てしまった。失礼。

 さて、ツワブキは食用とされるが、ピロリジディンpyrrolizidineという有毒物質を持っている。従って、まずは湯通しして茎の皮を剥ぎ、芯が柔らかくなるまで2%塩水で茹でたあと、一晩冷水にさらしてアクを抜く下処理が必要だ。こうした処理をして作ったキャラブキは、味が濃く、美味しい。1年で枯れて地上部を捨て去るフキと異なり、常緑のツワブキは、虫や鳥獣からの食害を防止する毒その他をため込んでおり、コストをかけて茎や葉を作っている。コスト高であるだけに味が濃く、美味しいのだろうか。

12月 シモバシラ(シソ科)の霜の華

 シモバシラの枯れ茎に、冬の朝早く見られる霜の華。地下の根は生きていて、吸い上げた水が茎から染み出て氷結し、霜の華が咲く。

 地下は凍っておらず、気温が零度以下に下がった朝早くに見られる現象。観察園では地上40㎝の高さまで成長した。シモバシラだけでなく、同じシソ科のコウシンヤマハッカやカメバヒキオコシ、キク科のアズマヤマアザミ、カシワバハグマ、モミジガサほか、オカトラノオ、ミズヒキなどでも見られる。

シモバシラについての詳しい解説はこちら

12月 クリスマス・ホーリー(ヒイラギモチ) モチノキ科

 日本で節分の時に魔物や災難を避ける魔よけに使われたヒイラギ(柊)は、モクセイ科の植物で、常緑で、冬に暗紫色の実をつけ、葉に刺がある。一方、クリスマス・リースなどを飾る赤い実のヒイラギは、科が異なる全く別の植物だ。

 西欧ではモチノキ科で、ヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部原産の、セイヨウヒイラギ(Ilex aquifolium,European Holly)が使われ、日本ではその代替として、中国東北部・朝鮮半島原産のシナヒイラギ(Illex cornuta,Chinese Holly、ヒイラギモチ)が使われている。

 モチノキ科の植物は、冬にモチノキのほか、ソヨゴ、タラヨウ、ナナミノキ、アオハダ、など赤い実をつけるものが多い。ヒイラギの実の代わりに飾りとしてこれらの実を使ってもよいのではないかと思うのだが・・・・。

 セイヨウヒイラギは、①常緑で、②冬に赤い実をつけ、③刺のある葉を持つところから、古い時代のケルト人の祭司(ドルイド)は、魔力をもつ聖木と崇めていたが、その習慣がキリスト教にも伝えられ、クリスマスには欠かせない飾りとなったようだ。

 日本の節分のヒイラギは、鬼の目を潰す役目として魔力をもつと考えられていた。遠く離れた国ではあるが、同じような発想に興味が湧く。都市伝説の日本民族はユダヤ人(古代イスラエル人)が祖先であるという「日ユ同祖論」が、眠気と同時に、思い浮かんできた・・・・。少し、寝酒を飲みすぎたかな。

12月 ハンカチノキ(鳩の木、幽霊の木)ミズキ科

 春4~5月に、枝先に白いハンカチをぶら下げたような花を咲かせる。白く大きな花弁に見えるものは、花を守る葉が変化したもので、苞と呼ばれる。ミズバショウ、カラー、ハナミズキ、ポインセチアなどの花弁に見える部分は苞で、花を寒さや病虫害から守るために葉が発達したものである。

 日本で現存する最も古いハンカチノキは1958年頃に種子から育てられたもので、小石川植物園に植えてある。そんなことを知らない筆者は、『プラントハンター物語』-植物を世界に求めてー T.ホイットル著、八坂書房、1983年発刊、という本を購入し、読んだ中に中国四川省の山奥でのハンカチノキ発見にまつわる物語と精密画が載っていた。非常に興味をもち、なんとか自分も苗木を育て花を見てみたいと思った。1991年以降、中国からタネと苗木が大量に輸入され、やがて苗木店でも売りに出された。50㎝ぐらいの苗木が送料込みで当時2万円近くしたが、強い好奇心に負けて購入し、自宅の庭の中の1等地に植栽した。

 あとで知ったことだが、花が咲くまでに10年~20年かかるとのこと。我慢我慢の3年が過ぎ、樹高が1mほどになった頃、市内に「木の花小路公園」が造成(1998年)されたので、そのシンボルツリーとして寄贈した。植栽後10年後に開花し、今では多くの花をつけて市民に喜ばれている。そして2003年頃、新宿御苑に植栽されていたハンカチノキの下でタネを拾い、自宅に播種した。発芽率が非常に低く手間暇をかけて2度の冬を越した春に1本だけ発芽した。この苗木は「むさしの自然観察園」に寄贈し、現在では10輪程度の花をつけるほどに成長、ピンポン球大の果実もつけている。上記寄贈した2本とも、花をみるまで15年を要している。一般家庭で育てるにはかなりの忍耐力が必要だ。

 近年、カルフォルニアのソノマ地区で作出された1才性のハンカチノキ“ソノマ”という品種が出回るようになった。苗木は1万円程度と高価だが、3~5年後には花が見られる。ハンカチの木の花を自宅で観賞されたい方は、こちらがお薦めである。

12月 ツルソバ(蔓蕎麦)タデ科

 晩春から初冬までの長期間、茎頂や葉脇から花序を伸ばし、芳香ののある小さな白花をまとめて付けている。目立たないけれど長期間咲いていることから、花言葉は「いつもそこに」となっている。

 東アジア原産の多年草で、日本では伊豆七島、紀伊半島、四国、九州、沖縄など温暖な海岸近くの、あまり日当たり良くない林内や林縁に生える。地球温暖化の波に乗って分布域を北へと広げているようだ。写真の個体は千葉県館山市の沖ノ島の、トベラが茂る林の縁に生えていた。ツルの先端を切り取り挿し木したもので、多肉植物のように繁殖力が強い。

 沖縄ではシーボーサーと呼び、腫物の吸出しや止血、耳鳴りを治す民間薬とされている。沸騰水に、ツルソバの乾燥物、ハランの根、ヤブラン、リュウキュウアイを入れ、水が半分になるまで煎じて服用するようだ。だが、リュウキュウアイは東京では入手難であり、かつ、厚生労働省の通達(薬生監麻発1227第9号)では「健康食品に配合されることもあるが、潰瘍性大腸炎の患者では、摂取により肺動脈性肺高血圧を発症する可能性があるため要注意」とある。無理してシーボーサーを摂取する必要はなさそうだ。

 かなり蔓延るので、今の時期に毎年剪定しようと思うのだが、細く小さい体でありながら、木陰で飲まず食わず寒い一冬を成虫越冬するキタキチョウの、越冬に入る前のキチョウな延命秘薬として、今年もまだ剪定せずにいる。

12月 イソギク(磯菊)キク科

 花の少ない11~12月に、小さな黄色い花を房状に咲かせる姿が可愛いイソギクは、野菊の中でも人気が高く、産地が限定されている種であるにもかかわらず、一般家庭でも多く植栽されている。イソギク(Chrysanthemum pacificum)の自生地は、千葉県犬吠埼~静岡県御前崎および伊豆諸島の海岸であり、「フォッサマグナ要素」の植物とされている。

「フォッサマグナ要素」の植物は、伊豆諸島、伊豆半島、房総半島南部、箱根、富士山、御坂山地、八ヶ岳など極めて限定された範囲に自生する植物で、イソギクのほかオオシマザクラ、マメザクラ(フジザクラ)、ガクアジサイ、オオバヤシャブシ、ハコネウツギ、サンショウバラ、ニオイエビネ、カントウカンアオイ、タマノカンアオイ、フジアザミ、ワダンなど190種程度が知られている。現代ではオオシマザクラ、ガクアジサイ、ハコネウツギなど、日本各地で栽培されている種類も多い。

 イソギクの特徴は掲載写真で見られるように、イエギク(一般に栽培されている菊で、中国渡来の植物)と異なり、花弁のような舌状花がなく、黄色の筒状花のみである。また、葉の縁が白く縁取られているように見えるが、それは葉裏に密生する白毛がわずかに見えるためである。

 キク科植物は雑交しやすいので、イソギクもイエギクとの間に自然交配による雑種が出来ている。舌状花があり、花色も白や赤色のものがある。これらの雑種はハナイソギクと呼ばれており、筆者はイソギクの特徴である葉の白い縁取りを見分の際の拠り所としている。シロヨメナの項で記述したように、筆者は野菊の同定は、どうも苦手だ。

12月 センダンの実(栴檀、楝の実)センダン科

 11月も終わりの頃になると、センダンの木は殆ど葉を落とし、枝には直径1~2㎝で黄褐色の実が非常に多くぶら下がって大変目立つようになる。センダンの名は平家物語で「栴檀は二葉より芳しとこそ見えたれ」と記されて以降有名になった。しかし、この香木として有名なのはインド原産のビャクダン(白檀)のことで、日本原産のセンダンとは異なる。日本のセンダンは、「アフチ、オオチ、=漢字は楝」と呼ばれていた樹木であり、沢山の実をつけるので果実を団子に見立てて「千団子」とも呼ばれていた。

 さて、天台宗の三井寺では護法善神として鬼子母神を本尊としている。鬼子母神は自らの子どもが千人もおり、人間の子どもを食料として与えていた鬼神であるが、仏教に帰依して後、子どもを授け、育て、守る善神となった。ゆえに三井寺では多くの子供を守るため、千個の団子を供える千団子祭(千団子講)が行われるが、この千団子講・千団講が同音の栴檀講となり、やがて樹木名の「アウチ、オオチ、千団子」の千団子と結びついて、「千団子」の木が「栴檀」の木となったようだ。

 日本のセンダンは香木ではないものの、薬用植物として重宝された。果実は 苦楝子(くれんし)と称し、しもやけに外用し、整腸薬として煎じて内服した。また、樹皮は苦楝皮(くれんぴ)と称し、駆虫剤として煎液を服用するほか、樹皮は漁に使う魚毒にも使われていた。つい最近のニュースとして、琉球新報の報道では、センダンの葉から抽出した成分が、がん細胞のオートファジー(自食作用)を促して、最終的にがん細胞を殺す効果があることが発見されたようだ。

 そして、林業面でも注目されている。スギやヒノキは植えてから木材として利用できるまで40~50年かかるが、センダンは15~20年で直径30~40㎝の木材が得られるほど成長が早く、材質は堅くてケヤキに似ており、内装材や家具材に適していることから、近年、材を目的として植林され始めている。「雑木」がにわかに、「高級木」になり替わろうとしているように思える。要注目の樹木だ。

12月 スズカケノキ(鈴掛の木)の実 スズカケノキ科

 スズカケノキとは、なんとロマンチックな名前だろう。少年の頃、灰田勝彦が「懐かしのメロディー」というラジオ番組で歌っていた「鈴懸の径」の歌詞を聞いて、どんな木なのか興味をもった。♪友と語らん鈴懸の径・・・やさしの小鈴 葉陰に鳴れば 夢はかえるよ 鈴懸の径・・・♪。そして高校生となった頃には、高度成長時代が来て、街には白いコンクリートのビルが立ち並び、並木道に見慣れぬ大きな葉の樹木が目立つようになった。無節操に大きなガサガサとした葉を茂らせるこの樹木は、プラタナスと知った。四角い冷たく無表情のビルが並ぶ風景の中では、ガサツな感じのプラタナスが奇妙に調和し、街の「近代化」を感じた。最盛期には都内だけで5万本のプラタナスが並木道に植えられたようだ。

 このプラタナスが総称スズカケノキの正体だった。日本にはスズカケノキ(南東ヨーロッパ~西アジア原産)とアメリカスズカケノキ(北米原産)、両者の雑種であるモミジバスズカケノキの3種がある。実のなる数は種によって異なり、アメリカスズカケノキは1個ずつ、モミジバスズカケノキは2~4個、スズカケノキは3~7個が連なってつく。果実がぶら下がる様子から、山伏が着る法衣(すずかけ・篠懸、篠は山上に生える笹のこと。笹による傷を防止するために篠懸を着た)につける球形の房(梵天という)に似ていることから「篠懸の木」としたが、その後いつの間にか「鈴懸の木」に変わり、現在に至っていると言われている。

 さて、日本においてプラタナスは数を減らしている。一つは、成長が早く、電線や隣接のビルに徒長枝が長大に伸びる、落葉の時期には大きな葉が多量に道路に散るなど、管理に手間暇がかかることがあるが、クワ、ミカンなどを食害していたゴマダラカミキリが、プラタナスという洋食に慣れて、都会でも大発生するようになり、枯らすようになったからだ。

  観察園のプラタナス(モミジバスズカケノキ)も、夏にはグンバイハムシが葉を汚い茶色に枯らし、大きな枯葉は風で糸の切れた凧のように飛び散り掃除時集めるのに難渋する厄介な樹木だ。樹皮も迷彩服のような斑模様に剥げ落ち、園内の他の木立の景色に溶け込まず、異様な姿を呈している。灰田勝彦の歌うスズカケノキの美しいイメージは消えて、迷惑かけの木、手間かけの木だ。