6月の植物 クガイソウ(九蓋草)の花

茎の先端に、穂状の長さ10㎝~25㎝総状花序をつけ、淡紫色の多くの花をつける。長い花序を風になびかせる涼しげな姿は、高原の夏を代表する花の一つであり、多くのファンがいる。湿気を好み、谷沿いや湿り気のある草原に多い。茎は直立し、そこに4~6枚の葉が車輪状に生じる。その様子を五重塔など寺院の塔の上に立つ九枚の笠(九蓋)になぞらえて、九蓋草と名付けられた。以前は高山植物のウルップソウと同じクワガタソウ科に含められていたが、現在ではオオバコ科の仲間となっている。よりによってオオバコ科とは、クガイソウが可哀そうだ。イメージダウンも甚だしい。

6月の植物 オカトラノオの花

丘陵の陽当たりの良い草地などに自生。草丈60㎝~1m。茎の先に太くて垂れる虎の尻尾のように10~13㎝の垂れ下がる長い総状花序を出して群生するさまは圧巻である。陽当たりがよく水はけがよくて適度に湿気のある場所では、地下茎の延ばして群生するため、花壇に植えると他の植物を圧することがある。オカトラノオと沼地に自生するヌマトラノオと交雑したイヌヌマトラノオ、湿地に生えるノジトラノオと交雑したノジオカトラノオ、そしてヌマトラノオとノジトラノオの交雑種ノジヌマトラノオがある。

6月の植物 エキナケア(バレンギク)の花

北米中東部のミネソタ州からテキサス州にかけての各州に9種類が自生する多年草。日本で観賞用に栽培されているのは、オハイオからジョージア州に分布するエキナケア・プルプレア(ムラサキ・バレンギク)種。北米インディアンが外傷の手当に使用してきたハーブで、草丈60㎝~1mとなり、根が肥大する。エキナケアは免疫機構を刺激し治癒を促進する、免疫賦活薬としての効能があり、多くの薬剤が製造されている。紫、濃い桃色、白、黄色、赤色の花をつけ、突起した中心球果をもち花弁は舌状花で下向に咲く姿が、火消しの纏(まとい)にのれんのように付いているふさふさした部分(馬簾)に似ている所からの名前。花びらが散ったあと球状に残る頭状花はドライフラワーとして使用できる。

6月の植物 コマツナギ

コマツナギは、日当たりの良い、河原、原野などに生える草本状の小型の低木。根は硬くて丈夫であり、幹は高さ60㎝~90㎝ぐらいになる。和名は「駒繋ぎ」という意味で、根茎が丈夫で馬をつなぎとめることができるという説や、葉が馬の好物であり、馬がこの木から離れなくなるためとの説がある。乾燥した土地を好むので、河川の砂州などで多く繁茂していた。46年前の多摩川の堤防決壊事件以降、蛇行して砂州がある川の水を、まっすぐ海へ流す河川工事が全国的に行われた。砂州を繁殖地としていたコマツナギ、ミヤコグサ、カワラケツメイの繁殖地が減り、それらを食草としていたミヤマシジミ、シルビアシジミ、ツマグロキチョウなどのチョウは、いずれも絶滅危惧種となってしまった。

6月の生きもの モノサシトンボのメス

平地から丘陵地にかけて分布し、樹林に囲まれた池、沼、湿地でよく見られ、岸辺が暗い環境を好む。学校ビオトープでもよく見られる。腹部には輪になった環形紋が等間隔にあり、目盛りのように見えることがモノサシトンボの名前の由来。オスはこの環形紋が水色だが、メスは黄褐色や淡緑色になるものがおり、それだけでなく、オスのような水色の色彩になるものもいるので、チラッと見ただけでは雌雄の判断が難しい。

6月の生きもの オオシオカラトンボのオス

開けた明るい水面を好むシオカラトンボに比べて、オオシオカラトンボは樹林の縁に囲まれた池沼・湿地など、木陰となり少し薄くらい環境を好んで生活する。シオカラトンボは、腰から下が急に細くなっているが、本種は尾の先までほぼ同じ太さ。オスは全体的に青みがかっており、腹の先と目は黒い。シオカラの方が腹の先の黒い部分が多い。オオシオカラトンボの翅の付け根は暗褐色だが、シオカラトンボは透明である。メスは腹が黄色でオスに比べて全体的に黒っぽい。黒い翅脈の走る透明な翅に黒い縁紋を持ち、先端は暗褐色になる。学校ビオトープなどで見られるのは、シオカラトンボよりもオオシオカラトンボの方が多い。

6月の植物 ヤナギイチゴの果実

葉はヤナギに似て細長く、果実はキイチゴに似ている所からの名前。房総半島南部、真鶴半島、伊豆半島など暖帯南部から亜熱帯に分布する落葉性低木。成長が早く、伐採跡地などに先駆的に侵入繁茂する。温暖化のせいか、武蔵野市でも成長し結実する。果実は、ほんのり甘いだけで、美味しいとまでは言えない。同じころに実るヤマモモに比べて味が劣るので、カラスヤマモモの別名がある。

6月の植物 ニゲラ(クロタネソウ)の花と袋果

これは、日本名クロタネソウ、園芸店でニゲラの名で売られているキンポウゲ科秋まき一年草の花と花後の袋果。ニゲラ属(クロタネソウ属)16種のうち、園芸店で扱うのは主としてニゲラ・ダマスケナ種(Nigella damascena)だ。袋果は茎ごと陰干しにして、クリアラッカースプレーを吹きかけると、素敵なドライフラワーになる。袋果の中の黒い(ラテン語=Niger)タネは、ブラッククミンと呼ばれ、カレーのスパイスとなっているが、それはニゲラ・サティヴァ(Nigella sativa)の種子のみで、日本での栽培は少ない。なにしろ、キンポウゲ科なので他のニゲラの種子は有毒。西欧では花をLove-in-a-mist、袋果をDevil-in-a-bush と呼ぶ。詩的ですね。

6月の植物 アメリカデイゴの花

明治初期に渡来したブラジルなど南米原産の落葉樹。沖縄県の県木のデイゴ(梯梧)とは別種。刺のある新枝の先端に、長い花茎を出してブラシ状に花が咲く。フジなどマメ科の花は、旗弁と呼ばれる花弁が上向きにでて、雄しべや雌しべを包んだ竜骨弁を翼弁が挟んだ形で下に出ている。虫が翼弁にとまり、旗弁の奥の蜜腺にたどり着くと竜骨弁から雄しべと雌蕊が飛び出し、葯と柱頭が虫の腹につく。アメリカデイゴは、花が反転して旗弁が下に出て、竜骨弁が上になり、葯と柱頭は虫の背中につく。日本と地球の反対側のブラジルでは、花も反転するのだろうかねぇ?

6月の植物 キバナノヤマオダマキの花

ヤマオダマキの黄花種。東北ではヤマオダマキが多く、中部地方ではキバナノヤマオダマキが多いようだ。初夏の高原、瀟洒な別荘の庭先で見かけた、スッピンなのに上品で美しいお嬢さんといった立ち姿で、好きな花である。