11月 シロヨメナ(白嫁菜、ヤマシロギク)キク科

 青紫を帯びた花が咲くヨメナに対して、よく似ていて白い花が咲くことからシロヨメナと名付けられた。別名をヤマシロギクという。山野の陽が当たらないところにひっそりと自生していて、秋には小さくかわいらしい花をたくさん咲かせ賑やかになる。観察園の入口ゲートを入ってすぐの北向き花壇(サクラの大木の北側で日陰になる)は、今、いつの間にか繁茂したシロヨメナが満開で、白く賑やかだ。「丈夫」「隠れた美しさ」という花言葉通りの生き様である。

 シロヨメナはヨメナの名がついているが、ヨメナはヨメナ属であり、シロヨメナは日の当たる草原に生えるイナカギクと同じシオン属である。だが、イナカギクの別名もまたヤマシロギクであり、山地に生え同じような花をさかせる野菊にシロヤマギクという植物もある。ややこしいこと限りなしだ。

 筆者は太平洋戦争の真珠湾攻撃4ヵ月後に高円寺で生を受けた。両親とも東京生まれ育ちの一人っ子だったため、頼れる農村の疎開先がなく、祖父が生前新聞社(山陰日日新報)を開いていたので知人が多い、という理由だけで鳥取県米子に疎開した。しかし、父は出征し、母は身ごもっており、食糧難に悩まされ、筆者は祖母と一緒にヨメナ、アカザ、スベリヒユなどの摘み草をよくやった。

 生まれた妹は栄養失調で死亡し、遺体は街から少し離れた畑の傍らに建つ粗末な火葬場で焼かれた。周りに風を遮るもののない畑中の火葬場の煙は、焼きあがりまで時間つぶしに野菊を摘みながら待機する筆者の方へ流れてきた。その時に嗅いだ強烈な臭いは、今でもハッキリ覚えている。

 戦後に高円寺に戻ってきたが、食糧事情は悪く、祖母と一緒にまたもや摘み草をやった。ある日、褒めてもらおうと一所懸命摘んだヨメナを祖母に見せたところ、ヨメナではないヨと一蹴され、がっかりした。今考えるとアレは同じヨメナ属でも別種のカントウヨメナであったようだ。こうしたことがあったからか、どうも野菊類の識別は、今もって苦手である。

11月 ローズ・ヒップ(Rose Hip、バラの実)バラ科

 Hipという単語単体で、バラの果実の意味があるが、誤解を避けるため、ローズヒップと呼ばれている。バラの果実の色は赤を主体としてオレンジ色、紫色などがあり、形は球形~紡錘形で、昔からハーブティーやジャム、食用オイル、ビタミンCのサプリメントの材料として使われてきた。こうしたニーズに見合ったローズヒップ生産のため、Dog rose(Rosa canina:西欧に自生する野生のバラ)やハマナスなどが栽培されている。

 野生のdog rose のローズヒップはビタミンCが豊富で、その量はレモンの20倍以上とも言われ、「ビタミンCの爆弾」という別称がつくほどである。第二次世界大戦中、英国はドイツ海軍のUボートによる海上封鎖によってレモンやオレンジの輸入がストップしたので、ビタミンCの補給のため、英国の学童たちは、ローズヒップの採集・供出が命じられたことがあるようだ(日本でも、兵隊の衣服用にイラクサ科のカラムシから繊維を採取して供出するのが、戦時中の学童の仕事だった)。

 写真のローズヒップは、西欧のそれではなく、日本のノイバラの果実である。たいして綺麗でもないノイバラが、初夏の美しい花々に交じり、狭い観察園で大きな顔をして咲いている。このノイバラの本番は11~12月で赤い果実はドライフラワーとしてクリスマス・スワッグやリースなどに重宝である。ナンテンやピラカンサ等の赤い実は、剪定するとすぐ収縮して落果するので飾りに使えない。ノイバラの実は長期間落ちないので、スワッグなどの作品作りのイベントでは、赤い飾りとして主役に躍り出る。日本のノイバラの果実、則ちローズヒップが、ハーブティーやジャムに使うことができるのか・・・まだ試してはいない。

11月 ヌスビトハギ(盗人萩)マメ科

 マメ科の多年草で、草丈は1mほどにもなるが、草丈の半分は細くて長い花穂である。茎の先端の方から数本の細長く硬い花径を伸ばし、穂状の花をつける。茎の下方に多く集まる葉は三出複葉で、その頂小葉には葉柄がある。花は3~4㎜のピンク色の小さな花で目立たない。種子は二つにくびれた豆果の莢に包まれている。莢の上辺は直線で、下辺は円形に膨らんでいる。通常、莢は2つにくびれて、くびれのところで容易に折れて2つの莢に分離する。このことから節果と呼ばれるが、莢の表面にはマジックテーテープにあるような先端が曲がった毛が多数生えており、動物の毛や人間の服に容易にくっつき、剥がれない。いわゆる「ひっつきむし」の代表格である。

 この分離した莢の半円状の形を、盗人が足音をたてないように、爪先立って歩いた足跡に似ていると見て、「ヌスビトハギ」と名付けたようだ。泥棒の足跡の形だと納得できる人はそうはいないだろう。2つに分離する前の莢の形は、現代風の眼鏡の形に似ている。「メガネハギ」と名付けてもよかったように思うが、昔の眼鏡は串団子のように円形を二つ並べた形なので、眼鏡は思いつかなかったのだろう。もっとも似ている形は、筆者はブラジャーだと思うが、「ブラハギ」の名をつけると「ブラ剥ぎ」に通じるので、その名はさすがにつけられない。

11月 ホトトギス(杜鵑草)ユリ科

 花弁の赤紫色の斑紋が、ホトトギス(野鳥)の胸の斑紋と似ていると見て付けられた名前と言われている。このホトトギス属の植物は日本には13種が分布しており、このうち11種は日本だけに生育する日本固有種で、日本列島を中心に分布していることから、日本が原産で、分化の中心地であると推定されている。いずれの種も山野の林下や林縁、崖や傾斜地などの、日当たりの弱いところにひっそりと自生する多年草である。その中で基本種のホトトギスは暗い赤紫の花色で、その渋くて静かな風情が茶花として大変好まれている。

 一方、野鳥のホトトギスは、昔から注目されていて様々な文書に登場し、杜鵑、郭公、杜宇、蜀魂、不如帰 、時鳥、子規、田鵑、霍公鳥、獲穀など異名が多い。ものの本によると、万葉集にはホトトギスを詠んだ歌が156首、古今集に43首、新古今集に47首あるようだ。話は横道に逸れるが、筆者はホトトギスとカッコウ(閑古鳥)が混同されていたように思う。両者ともカッコウ科の鳥で、胸に横縞の模様があり、托卵の習性があり、初夏に現れ、囀りの時間帯も夜半過ぎから早朝で、似ているところが実に多い。ホトトギスの漢名の郭公、霍公鳥、獲穀などを音読みすればカッコウの鳴き声である。

 結核で喀血に悩まされていた正岡子規は、唐の詩人白居易の「琵琶行」という詩の一節「杜鵑啼血猿哀鳴」の啼血(血を吐いて鳴く)」からホトトギス(子規)という俳号を選んだのであろう。

  さて、日本ではホトトギスの胸の横縞模様とユリ科のホトトギスの花弁の模様が似ていると見て、野鳥とおなじホトトギスの名をつけた。だが、欧米では、その模様をガマガエル(ヒキガエル)の腹の斑点に似ていると見て、Toad-lilyと名付けた。則ち、ガマユリである。もし、日本でもガマユリの名がつけられていたら、茶花として好まれていたかどうか。