2月 セツブンソウ(節分草) キンポウゲ科

 春の節分の時期になると、花を咲かせてくれることからの名前。1株だけだと、咲いていることに気づかないほど、白くて小さな花である。春はまだ遠い時期なのに、節分となると冷たい地面から小さい花茎をもたげ、律儀に花を開き、2月中旬には満開となる。

 2月中旬は二十四節気で「雨水」と言い、雨が降るようになる。土が湿り気を含むので、七十二候では「土脉潤起」の時期と呼ぶ。土の中の脉(ショウ、脈のこと)が潤い、土が生き返ってきたという意味だ。一方、『金色夜叉』の作者の幸田露伴は、娘の幸田文を庭に連れ出し、暖かさで土中の水分が地表に上がってきて、冬の乾燥で白く乾いた土の所々が、黒ずんできた状態を指し、パサパサになった洗い髪が、頭皮から滲み出る脂で、徐々に髪がしっとりしてくる状態に似ていると見て、「土膏が動く(どこう、土のあぶら)が動く」と言うと教えた。

 セツブンソウは、「土脉潤起」、あるいは「土膏動く」を感じていち早く花をもたげるのであろうか。サクラのように人々に持て囃されることを嫌うかのように、落葉樹林の林下の半日陰の場所で、10㎝ほどの草丈に、一輪だけひっそりと可憐な白い花を咲かせている。それだからか、人間嫌い、気品、微笑みの花言葉があり、山草愛好家からは愛されている。環境省では絶滅危惧種に指定した。

2月 エゾオニシバリ(標準和名ナニワズ 難波津) ジンチョウゲ科

 中国原産のジンチョウゲの仲間で、わが国では福井県伊東の日本海側と福島県以北の本州、および北海道に冷涼地に自生し、オニシバリの亜種とされている。原種のオニシバリは宮城県以南、山形県以西の日本海側の暖地に産して、住み分けている。

 両種ともに、樹高1mほどの落葉低木で、葉や花の形はジンチョウゲに似ており、早春に黄色い花をつける。オニシバリの花は地味な黄緑色で目立たないが、エゾオニシバリの花は鮮黄色であり、春まだき山中でひときわ目立つ美しい存在である。

 枝を折り取ることができないほど樹皮が丈夫なことから、それぞれオニシバリ、エゾオニシバリの別名がある。また、夏に落葉することから、オニシバリはナツボウズ、エゾオニシバリはエゾナツボウズの別名もある。さらに、花色に注目して、キバナジンチョウゲ、エゾキバナジンチョウゲの別名もある。しかし、標準和名はオニシバリとナニワズとなっている。なぜエゾオニシバリがナニワズという標準和名なのかが全く解せない。

 牧野富太郎は、ナニワズはオニシバリの長野県における方言で、長野県人が北海道において、長野県に生育するオニシバリに似た本種をナニワズと呼んだのが始まりとしている。ではなぜ、長野県人がオニシバリをナニワズと呼ぶのか、これが分らない。

 古今和歌集に「難波津(ナニワヅ)に咲くや此花冬ごもり、今を春べと咲くや此花」という歌がある。「此花」は梅の花のことで、「大阪の港町に梅の花が咲いた。今、冬ごもりからさめて春が来た」という意味だが、この歌の中にあるナニワヅ(地方名)が、梅に先駆けて咲くこの植物の名前になったという説がある。・・・が、こじつけのように感じる。そこで観察園では、一方のオニシバリは標準和名で存在するので、その北方系の亜種としてナニワズと書かず、樹名板にはエゾオニシバリと書いた。ナニワズと書かずに御免ねと問いかけたら、美しい花はナニもいワズ、微笑んだ。

2月 メジロ

ヤツデの実を食べているメジロ(上)とすでに巣立ちを終えたメジロの巣(下)

1月 ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)キンポウゲ科

 1月下旬に入って、春めいた陽気の日も出てきた。そんな気温の上昇をいち早く感じてか、フクジュソウが咲き始めた。オッとぉぉ~!今、無意識にフクジュソウと書いたが、従来1種類だけと思っていたフクジュソウは、最近4種に細分類されたのだった。

①北海道から本州、四国に分布するフクジュソウ(別名エダウチフクジュソウ、Adonis ramosa、ramosa=枝が多いの意)。染色体=4倍体

②東北地方のみならず、本州から九州にかけて自生するミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草、Adonis multiflora、multiflora=花が多いの意)、2倍体。

③北海道東部に稀産するキタミフクジュソウ(北見福寿草、Adonis amurensis、amurensis=アムール地方の)。2倍体。

④四国(徳島、高知、愛媛)と九州(宮崎)に稀産するシコクフクジュソウ(Adonis shikokuensis、shikokuensis=四国地方の)。2倍体の4種である。

上記のほかに、
⑤一般的にフクジュソウと言われ普及しているフクジュカイ(福寿海)と呼ばれる園芸品種がある。フクジュソウが大人気であった江戸時代初期以降、100種以上の園芸品種があった。そうした数ある品種の中で、フクジュカイは、大輪で多くの花を咲かせ強健なため、一般化され、広く栽培されていた。現代でも園芸店などで入手するのは、この園芸品種である⑤フクジュカイの可能性が非常に高い。種子が殆どできず、そのためか①フクジュソウと②ミチノクフクジュソウの交配種と見られている。

⑥青梅近辺に自生するのでオウメソウ呼ばれるフクジュソウである。①フクジュソウの原種であるという見方と、数ある①フクジュソウの園芸品種の1つであるという見方がある。青梅に自分の持ち山があり、そこで栽培している方からいただいたものが、観察園にもある。花は一重咲き、花色は少し黄緑色の楚々たる風情の花で、花と葉が一緒に出てくる。枝葉や花数は少なく、いかにも野生種の感がある。

 さて、写真では見分けづらいが、この花を②ミチノクフクジュソウと断定した。それは花弁の下に隠れている萼片が、花弁の長さの1/2以下であり、①フクジュソウの萼片は花弁と同等の長さか、少し短い程度という識別ポイントに従ったものである。園芸店からフクジュソウとして購入したのだが、実は②ミチノクフクジュソウであった訳だ。園芸店でもそうした見分けをせず、(総称)フクジュソウで販売しているのが実態である。

 そこで気になるのは、①フクジュソウの染色体のみがなぜか4倍体で、②~④は2倍体であることだ。則ち、今①フクジュソウと呼ばれている個体が、本当に原種なのか、それとも⑤フクジュカイあるいはそれに近い園芸品種なのかの疑問である。古い時代に⑤フクジュカイは広く販売・栽培されたので、原種の①フクジュソウと思っていても、園芸品種である可能性もある。①と⑤の見分けの識別ポイントが明らかでない。従って、観察園にて②ミチノクフクジュソウと⑥オウメソウは間違いないと思われるが、フクジュソウと名札を付けた個体は、今のところ①か⑤の識別が、恥ずかしながら出来ていない。それゆえ総称としてのフクジュソウと理解してもらうほかはない。間違いのない①と⑤を購入して、自分なりの識別ポイントを探そうと思う。