12月 センダンの実(栴檀、楝の実)センダン科

 11月も終わりの頃になると、センダンの木は殆ど葉を落とし、枝には直径1~2㎝で黄褐色の実が非常に多くぶら下がって大変目立つようになる。センダンの名は平家物語で「栴檀は二葉より芳しとこそ見えたれ」と記されて以降有名になった。しかし、この香木として有名なのはインド原産のビャクダン(白檀)のことで、日本原産のセンダンとは異なる。日本のセンダンは、「アフチ、オオチ、=漢字は楝」と呼ばれていた樹木であり、沢山の実をつけるので果実を団子に見立てて「千団子」とも呼ばれていた。

 さて、天台宗の三井寺では護法善神として鬼子母神を本尊としている。鬼子母神は自らの子どもが千人もおり、人間の子どもを食料として与えていた鬼神であるが、仏教に帰依して後、子どもを授け、育て、守る善神となった。ゆえに三井寺では多くの子供を守るため、千個の団子を供える千団子祭(千団子講)が行われるが、この千団子講・千団講が同音の栴檀講となり、やがて樹木名の「アウチ、オオチ、千団子」の千団子と結びついて、「千団子」の木が「栴檀」の木となったようだ。

 日本のセンダンは香木ではないものの、薬用植物として重宝された。果実は 苦楝子(くれんし)と称し、しもやけに外用し、整腸薬として煎じて内服した。また、樹皮は苦楝皮(くれんぴ)と称し、駆虫剤として煎液を服用するほか、樹皮は漁に使う魚毒にも使われていた。つい最近のニュースとして、琉球新報の報道では、センダンの葉から抽出した成分が、がん細胞のオートファジー(自食作用)を促して、最終的にがん細胞を殺す効果があることが発見されたようだ。

 そして、林業面でも注目されている。スギやヒノキは植えてから木材として利用できるまで40~50年かかるが、センダンは15~20年で直径30~40㎝の木材が得られるほど成長が早く、材質は堅くてケヤキに似ており、内装材や家具材に適していることから、近年、材を目的として植林され始めている。「雑木」がにわかに、「高級木」になり替わろうとしているように思える。要注目の樹木だ。

12月 スズカケノキ(鈴掛の木)の実 スズカケノキ科

 スズカケノキとは、なんとロマンチックな名前だろう。少年の頃、灰田勝彦が「懐かしのメロディー」というラジオ番組で歌っていた「鈴懸の径」の歌詞を聞いて、どんな木なのか興味をもった。♪友と語らん鈴懸の径・・・やさしの小鈴 葉陰に鳴れば 夢はかえるよ 鈴懸の径・・・♪。そして高校生となった頃には、高度成長時代が来て、街には白いコンクリートのビルが立ち並び、並木道に見慣れぬ大きな葉の樹木が目立つようになった。無節操に大きなガサガサとした葉を茂らせるこの樹木は、プラタナスと知った。四角い冷たく無表情のビルが並ぶ風景の中では、ガサツな感じのプラタナスが奇妙に調和し、街の「近代化」を感じた。最盛期には都内だけで5万本のプラタナスが並木道に植えられたようだ。

 このプラタナスが総称スズカケノキの正体だった。日本にはスズカケノキ(南東ヨーロッパ~西アジア原産)とアメリカスズカケノキ(北米原産)、両者の雑種であるモミジバスズカケノキの3種がある。実のなる数は種によって異なり、アメリカスズカケノキは1個ずつ、モミジバスズカケノキは2~4個、スズカケノキは3~7個が連なってつく。果実がぶら下がる様子から、山伏が着る法衣(すずかけ・篠懸、篠は山上に生える笹のこと。笹による傷を防止するために篠懸を着た)につける球形の房(梵天という)に似ていることから「篠懸の木」としたが、その後いつの間にか「鈴懸の木」に変わり、現在に至っていると言われている。

 さて、日本においてプラタナスは数を減らしている。一つは、成長が早く、電線や隣接のビルに徒長枝が長大に伸びる、落葉の時期には大きな葉が多量に道路に散るなど、管理に手間暇がかかることがあるが、クワ、ミカンなどを食害していたゴマダラカミキリが、プラタナスという洋食に慣れて、都会でも大発生するようになり、枯らすようになったからだ。

  観察園のプラタナス(モミジバスズカケノキ)も、夏にはグンバイハムシが葉を汚い茶色に枯らし、大きな枯葉は風で糸の切れた凧のように飛び散り掃除時集めるのに難渋する厄介な樹木だ。樹皮も迷彩服のような斑模様に剥げ落ち、園内の他の木立の景色に溶け込まず、異様な姿を呈している。灰田勝彦の歌うスズカケノキの美しいイメージは消えて、迷惑かけの木、手間かけの木だ。

11月 アメリカフウロ(亜米利加風露) フウロソウ科

 写真を一瞥して「あッ、ミコシグサね」と思う人が多いと思う。花が咲き終わったあとに出来る細長い莢が裂開して、外側に巻き上がった形が、祭りのお神輿の屋根の形に似ていることから全国的にミコシグサの愛称がある。ゲンノショウコ(Geranium thunbergii)が標準和名であり、古来より下痢止めや胃腸病の薬草として有名で、煎じて飲めば効果がすぐ現れるので、「現(or 験)の証拠」の名がついた。

 しかし写真の植物は、ゲンノショウコではなく、よく似たアメリカフウロ(Geranium carolianum)である。(ゲンノショウコに比べ、葉の切れ込みが深い。)アメリカフウロは北米のカロライナ州で多く見られた植物であるが、物流が盛んになるにつれて全米に広がり、日本や中国にも分布するようになった。英名を Crane’sbill (ツルの嘴)と言い、中国では老鸛草 (ろうかんそう、鸛=コウノトリ)と、ツルを意識した名前になっている。これは、学名のGeranium がギリシャ語のgeranos (ツル)を語源としており、植物分類学が未発達の時代において、学名の影響を受けて命名した名前だからではなかろうか。

 では、なぜ日本では、学名を意識せず、ゲンノショウコという極めて実利的な名前がついたのだろうか?ゲンノショウコの薬効は古くから日本では知られており、漢方でなく日本で開発された薬草だからだ。日本人もなかなかやるじゃないかと言いたいところであるが、食料不足による偶然の発見である可能性もある。どうなんだろう。 

11月 オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)の果穂 カバノキ科

 11月の月末になると、ふつう落葉樹は紅葉・黄葉して落葉していくがオオバヤシャブシは、色をかえずに緑色のまま落葉する。名前も小難しい名前だ。この樹木の仲間には、本種のほかヤシャブシ、ヒメヤシャブシ、ハンノキ、ケヤマハンノキなどがあり、その中で葉が大きいことからオオバ(大葉)の名がある。

 ヤシャ(夜叉)とはインド神話にある鬼神の名前。毘沙門天の従者で護法の神として人間に恩恵をもたらす一方で、人を食らう鬼神の性格も併せ持っており、森林に棲む神霊であり、聖樹と共にあるとされる。

 最後のフシ(附子、フシは通常、五倍子と書かれる)は、ヌルデの木の葉にできる虫こぶ(虫瘤、虫癭)のことで、この虫こぶには多量のタンニンを含むので、草木染の染料にするほか、歯槽膿漏予防のためのお歯黒に使用された。オオバヤシャブシの果穂も多量にタンニンを含み、草木染の他、革製品や象牙細工の染料に使われた(八丈島の特産品の「黒八丈」はオオバヤシャブシの果穂を染料として使っている)。

 また、オオバヤシャブシは、空中窒素を固定するフランキア菌と共生し、やせ地でも旺盛な生育をするので、治山や砂防事業の緑化木、窒素を固定するので、土地を肥やす肥料木として、よく植栽されてきた。観察園では、小さな松ぼっくり型の果穂が、クリスマスリースやスワッグの飾りとして欠かせない存在であり、大切に育てている。

 だが、近年、花粉が口腔アレルギーを引き起こすことが分かり、人口密集地では伐採する動きにあるようだ。観察園ではどうするか、・・・・・悩ましい。

11月 シロヨメナ(白嫁菜、ヤマシロギク)キク科

 青紫を帯びた花が咲くヨメナに対して、よく似ていて白い花が咲くことからシロヨメナと名付けられた。別名をヤマシロギクという。山野の陽が当たらないところにひっそりと自生していて、秋には小さくかわいらしい花をたくさん咲かせ賑やかになる。観察園の入口ゲートを入ってすぐの北向き花壇(サクラの大木の北側で日陰になる)は、今、いつの間にか繁茂したシロヨメナが満開で、白く賑やかだ。「丈夫」「隠れた美しさ」という花言葉通りの生き様である。

 シロヨメナはヨメナの名がついているが、ヨメナはヨメナ属であり、シロヨメナは日の当たる草原に生えるイナカギクと同じシオン属である。だが、イナカギクの別名もまたヤマシロギクであり、山地に生え同じような花をさかせる野菊にシロヤマギクという植物もある。ややこしいこと限りなしだ。

 筆者は太平洋戦争の真珠湾攻撃4ヵ月後に高円寺で生を受けた。両親とも東京生まれ育ちの一人っ子だったため、頼れる農村の疎開先がなく、祖父が生前新聞社(山陰日日新報)を開いていたので知人が多い、という理由だけで鳥取県米子に疎開した。しかし、父は出征し、母は身ごもっており、食糧難に悩まされ、筆者は祖母と一緒にヨメナ、アカザ、スベリヒユなどの摘み草をよくやった。

 生まれた妹は栄養失調で死亡し、遺体は街から少し離れた畑の傍らに建つ粗末な火葬場で焼かれた。周りに風を遮るもののない畑中の火葬場の煙は、焼きあがりまで時間つぶしに野菊を摘みながら待機する筆者の方へ流れてきた。その時に嗅いだ強烈な臭いは、今でもハッキリ覚えている。

 戦後に高円寺に戻ってきたが、食糧事情は悪く、祖母と一緒にまたもや摘み草をやった。ある日、褒めてもらおうと一所懸命摘んだヨメナを祖母に見せたところ、ヨメナではないヨと一蹴され、がっかりした。今考えるとアレは同じヨメナ属でも別種のカントウヨメナであったようだ。こうしたことがあったからか、どうも野菊類の識別は、今もって苦手である。

11月 ローズ・ヒップ(Rose Hip、バラの実)バラ科

 Hipという単語単体で、バラの果実の意味があるが、誤解を避けるため、ローズヒップと呼ばれている。バラの果実の色は赤を主体としてオレンジ色、紫色などがあり、形は球形~紡錘形で、昔からハーブティーやジャム、食用オイル、ビタミンCのサプリメントの材料として使われてきた。こうしたニーズに見合ったローズヒップ生産のため、Dog rose(Rosa canina:西欧に自生する野生のバラ)やハマナスなどが栽培されている。

 野生のdog rose のローズヒップはビタミンCが豊富で、その量はレモンの20倍以上とも言われ、「ビタミンCの爆弾」という別称がつくほどである。第二次世界大戦中、英国はドイツ海軍のUボートによる海上封鎖によってレモンやオレンジの輸入がストップしたので、ビタミンCの補給のため、英国の学童たちは、ローズヒップの採集・供出が命じられたことがあるようだ(日本でも、兵隊の衣服用にイラクサ科のカラムシから繊維を採取して供出するのが、戦時中の学童の仕事だった)。

 写真のローズヒップは、西欧のそれではなく、日本のノイバラの果実である。たいして綺麗でもないノイバラが、初夏の美しい花々に交じり、狭い観察園で大きな顔をして咲いている。このノイバラの本番は11~12月で赤い果実はドライフラワーとしてクリスマス・スワッグやリースなどに重宝である。ナンテンやピラカンサ等の赤い実は、剪定するとすぐ収縮して落果するので飾りに使えない。ノイバラの実は長期間落ちないので、スワッグなどの作品作りのイベントでは、赤い飾りとして主役に躍り出る。日本のノイバラの果実、則ちローズヒップが、ハーブティーやジャムに使うことができるのか・・・まだ試してはいない。

11月 ヌスビトハギ(盗人萩)マメ科

 マメ科の多年草で、草丈は1mほどにもなるが、草丈の半分は細くて長い花穂である。茎の先端の方から数本の細長く硬い花径を伸ばし、穂状の花をつける。茎の下方に多く集まる葉は三出複葉で、その頂小葉には葉柄がある。花は3~4㎜のピンク色の小さな花で目立たない。種子は二つにくびれた豆果の莢に包まれている。莢の上辺は直線で、下辺は円形に膨らんでいる。通常、莢は2つにくびれて、くびれのところで容易に折れて2つの莢に分離する。このことから節果と呼ばれるが、莢の表面にはマジックテーテープにあるような先端が曲がった毛が多数生えており、動物の毛や人間の服に容易にくっつき、剥がれない。いわゆる「ひっつきむし」の代表格である。

 この分離した莢の半円状の形を、盗人が足音をたてないように、爪先立って歩いた足跡に似ていると見て、「ヌスビトハギ」と名付けたようだ。泥棒の足跡の形だと納得できる人はそうはいないだろう。2つに分離する前の莢の形は、現代風の眼鏡の形に似ている。「メガネハギ」と名付けてもよかったように思うが、昔の眼鏡は串団子のように円形を二つ並べた形なので、眼鏡は思いつかなかったのだろう。もっとも似ている形は、筆者はブラジャーだと思うが、「ブラハギ」の名をつけると「ブラ剥ぎ」に通じるので、その名はさすがにつけられない。

11月 ホトトギス(杜鵑草)ユリ科

 花弁の赤紫色の斑紋が、ホトトギス(野鳥)の胸の斑紋と似ていると見て付けられた名前と言われている。このホトトギス属の植物は日本には13種が分布しており、このうち11種は日本だけに生育する日本固有種で、日本列島を中心に分布していることから、日本が原産で、分化の中心地であると推定されている。いずれの種も山野の林下や林縁、崖や傾斜地などの、日当たりの弱いところにひっそりと自生する多年草である。その中で基本種のホトトギスは暗い赤紫の花色で、その渋くて静かな風情が茶花として大変好まれている。

 一方、野鳥のホトトギスは、昔から注目されていて様々な文書に登場し、杜鵑、郭公、杜宇、蜀魂、不如帰 、時鳥、子規、田鵑、霍公鳥、獲穀など異名が多い。ものの本によると、万葉集にはホトトギスを詠んだ歌が156首、古今集に43首、新古今集に47首あるようだ。話は横道に逸れるが、筆者はホトトギスとカッコウ(閑古鳥)が混同されていたように思う。両者ともカッコウ科の鳥で、胸に横縞の模様があり、托卵の習性があり、初夏に現れ、囀りの時間帯も夜半過ぎから早朝で、似ているところが実に多い。ホトトギスの漢名の郭公、霍公鳥、獲穀などを音読みすればカッコウの鳴き声である。

 結核で喀血に悩まされていた正岡子規は、唐の詩人白居易の「琵琶行」という詩の一節「杜鵑啼血猿哀鳴」の啼血(血を吐いて鳴く)」からホトトギス(子規)という俳号を選んだのであろう。

  さて、日本ではホトトギスの胸の横縞模様とユリ科のホトトギスの花弁の模様が似ていると見て、野鳥とおなじホトトギスの名をつけた。だが、欧米では、その模様をガマガエル(ヒキガエル)の腹の斑点に似ていると見て、Toad-lilyと名付けた。則ち、ガマユリである。もし、日本でもガマユリの名がつけられていたら、茶花として好まれていたかどうか。